ソーシャルスキルやコミュニケーションスキルを身につけ、自分の心も相手の心も大事に・・・
ホームEAPメンタルヘルスケア(企業・団体向け)EAPメンタルヘルスプログラム : 「リ・バース型カウンセリング」 (企業・団体向け)
商品詳細

EAPメンタルヘルスプログラム : 「リ・バース型カウンセリング」 (企業・団体向け)

販売価格はお問い合わせください。

企業と従業員の将来を見据えたEAPメンタルヘルスケア リ・バース型カウンセリングのご案内

 

企業のEAPプログラムの中でも重要視されているのが、メンタルヘルスケアです。
 

すでにEAPプログラムを導入し、活用している企業も多くありますが、

残念ながら成果としては、なかなか上がっていないのが実情です。


この問題を解決するためには、

こころの健康に悩むご本人が、深く自分自身を知り、

それを足がかりに自分の人生を見つめ直すことが大切です。

 

リ・バース型カウンセリングとは 


リ・バース型カウンセリングとは、

自分自身が Re-Birth = 再誕生 するためのカウンセリングです。


新しい自分と人生を生み出すことで、この先に明るい未来が広がります。


心のキャパシティがオーバーフローしてこぼれた一滴のしずくは、

放っておけばネガティブな波紋となって周囲に広がっていきます。


それをポジティブな波紋へと変えていく・・・。

それが、リ・バース型カウンセリングなのです。

 

リ・バース型カウンセリングの特徴


心の健康を害して求職された方が、せっかく職場復帰をされても、

その後も休職などでまた休まれる・・・という

「繰り返し」をされている方が大勢いらっしゃいます。 


リ・バース型カウンセリングでは、認知療法を導入したカウンセリングを通じて

自分自身を見つめ直すことで早期の回復を目指すべく、

以下のようなサービスを提供して、企業と従業員の健全化を支援します。

 

こころの健康相談&こころの元気度チェック


お電話やメールで、こころの悩みを受け付けます。

簡略化した問診により、まずはこころの元気度をチェック。

「前向き度」「自信度」「充実度」「安定度」の4つの項目で、こころの元気度を分析。

「元気度アドバイスシート(※)」にしてご報告いたします。

ここから、具体的なカウンセリングに移行するかどうかが決まります。


※ 元気度アドバイスシート
慶應義塾大学環境情報学部 教授 渡辺利夫博士 監修
ソーシャルスキル・ネットワーク(株) 小森まり子 解説

 

個別カウンセリング


こころの問題をかかえる本人と1対1でカウンセリングを行います。

8つのステージでのカウンセリングを行うことで、

過去を振り返りながら現在の問題を考え、

過去からのゆがみを直すことで、こころの軌道修正をし、

将来に向けての生き方を決めていくものです。

 

 

主なカウンセリング内容

各ステージでの目標

1st ステージ

傾聴型カウンセリング

主訴の状況を聴き、問題の整理を行います。

2nd ステージ

パーソナリティチェック&ガイダンス

自己の理解と生育との関連への気づきを促します。

3rd ステージ

ネガティブスパイラルカウンセリング

これまでの悪循環する問題に対してのこころの傾向を認知します。

4th ステージ

心象風景ナラティブカウンセリング

過去の出来事イメージの変換とこだわりを解決します。

5th ステージ

こころの葛藤カウンセリング

成長課題への一歩を踏み出すためのイメージ作りを行います。

6th ステージ

DNAカウンセリング

自分にとって必要なDNA能力のスイッチをONにします。

7th ステージ

未来自己イメージカウンセリング

人生目標としてのライフサイクルを作成します。

8th ステージ

リ・バース(再誕生)カウンセリング

これまでのカウンセリング内容に基づき、これからの生き方を決断します。

 

当事者カウンセリング


ご本人だけでなく、直属の上司や人事の労務担当者など、

直面している問題に関わる人たちが集まって行うカウンセリングです。

問題を共有化し、それに対してどのように解決していくかをルール化することで、

職場復帰のベースメントを築き、休業期間の短縮を図ります。

 

復帰支援プログラム


職場復帰に向けて、新しい考え方や受け止め方を練習するものです。

コミュニケーション(意思の疎通)、アサーション(自己表現)、

リスニング(聴くこと)の3つの分野での練習を行うことで、

職業人としてのコミュニケーション・スキルを身につけます。

 

プログラム実施の流れ


ご本人より電話等によるお申込み

ご担当者へのご連絡(報告承諾書)

指定医療機関での受診

カウンセリングの実施

最終カウンセリング後の結果確認

当事者カウンセリングの実施

職場復帰プログラムの実施

 

 その他のカウンセリング


上記でご紹介している「リ・バース型カウンセリング」は、

主に、これから休職する方、休職中の方、休職から復帰されて間もない方を対象としています。


その他の皆さまには、

仕事、家庭、恋愛、体のこと、将来の不安などの悩みや問題について

職場に知られることなく相談ができる、カウンセリングサービスもご用意しております。

詳細については、お気軽にお問い合わせください。

 

 企業、団体の人事労務、保健のご担当者の皆さま


従業員のメンタルヘルス対策のご相談や、

当プログラムに関するお問い合わせを受け付けております。

以下の「ご相談・お問い合わせボタン」より

お気軽にご相談ください。

 

 

 

※ 厚生労働省  独立行政法人 労働者健康福祉機構登録機関